どうも、ハガネ屋(@imech_jp)です。

サイトへの集客には、色々な手法が存在しますが
その中の一つに「Facebook」を使う方法があります。

言うまでもなく「いいね!」でお馴染みの実名SNSです。

ちなみに、Facebookのアカウントには2種類ありまして、
一つが「個人アカウント」、もう一つが「ビジネスアカウント」です。

基本的にリア充自慢(違)に使われるのが「個人」のほうで、
ビジネスアカウントのほうは、企業のプロモーションなどで役割を果たします。

で、別名「ファンページ(Facebookページ)」とも呼ばれるビジネスアカウント。
これ実は、企業じゃなくても持つことができます。※既に個人アカウント取得済の方のみ

スポンサードリンク

 

個人がビジネスアカウントを持つ理由って?

「個人アカウントはともかく、ビジネスアカウントを個人が持つ理由は?」そんな疑問をお持ちかもしれません。

この理由はとっても簡単です。

いわゆる「スモールビジネス」を営む方だったりとか
ブロガーさんが、自分のサイトのアクセスを増やすための一環として使います。

個人アカウントでは、これができないのです。

そんなビジネスアカウントで使えるFacebookプラグインの一つに

「Like Box」というものがありまして、これをサイトに設置してみました。

これ。見たことあるはずです。

af0216

・・・気持ち悪いですね。

 

各種Facebookアカウントの取得と「Like Box」の設定

Facebookの登録方法については、以下をご参考ください。

初心者でも簡単!Facebookの始め方

 

ビジネスアカウント(ファンページ)の作成についても、
案外サクッとできちゃいますので、まだの方はこちらをどうぞ。

参考:5分で作れるFacebookファンページ作成方法

 

準備ができたら、こちらより「Like Box」の作成ページへ飛びましょう。

Like Box – Facebook開発者

 

すぐに設定画面が出てくるかと思います。

af0217

各設定項目の内容は、以下のとおりです。

 

Facebook Page URL:自分のファンページのURL

Width:Like Boxの幅

af0218

 

Height:Like Boxの高さ

af0219

 

Show Faces:「いいね!」を押してくれた人の顔を表示/非表示

af0220

 

Color Scheme:Like Boxの色を、白/黒どちらか選択

af0221

 

Stream:投稿の表示/非表示

af0222

 

Show Border:枠線の有無

af0223

 

Header:「Facebookもチェック」の表示/非表示

af0224

 

設定が終わったら、一番下の「Get Code」をクリック。

af0225

コードが出力されます。
「IFRAME」を選んで、コードをコピペしといてください。

 

「Like Box」を個別記事のフッターに入れる方法

今回のテーマは「個別記事へのLike Box挿入」ですので、
入れる場所は「単一記事(Single.php)」となります。

で、とりあえず一番下に入れてみる。

af0205

 

フッターの「さらに」下へ登場。畜生!

af0206

 

じ、じゃあ・・・その「上」あたり?

af0207

 

いや、惜しいんですよ。もう一声。

af0208

 

よく見ると「entry」「post」って上下に書いてありました。

af0209

 

正解。

af0210_

 

ただ、iPadで見ると若干サイドバーにはみ出てるんだよなぁ。。。

af0211

 

横幅を「630」に微調整。

af0212

 

ぴったし。

af0213

 

最後に、センタリングしときました。

af0214

 

ということで、これも設置しときました。

af0215

サイドバー用のLike Box。

横幅は、初期設定の「292」のままで問題なかったです。

ただし、3カラムのサイトを運営されてる方は
テンプレートによっては、微調整が必要かもしれません。

スポンサードリンク