どうも、ハガネ屋です。

以前書いた「著者情報」についての続報になりますが

前回の記事:Google検索結果に「著者情報」を表示させたい件(1)

 

無事、Google検索結果に詳細が表示されるようになりました。

af0144

 

ただし、問題が・・・。
個別記事のほうまで、設定が反映されていないみたいなんです。

af0145

しかも下のほうは「著者名」だけ表示されてたりして意味不明(笑)

スポンサードリンク

 

個別記事にも著者情報を表示させたい件

で、当然調べました。

個別記事にも著者情報を表示する方法については、
WP SEOブログ
さんが、詳しい記事を書いてくださってます。

WordPressのカスタムフィールドを使って記事ごとに異なる著者情報を設定する方法

 

まあ、こちらも早いうちに試したい所なのですが、
調べている途中で「さらに気になる情報」を発見。

Googleの検索に著者情報(顔写真)を表示させる際の1つの注意点

Google検索で表示された記事に著者情報(顔写真)を出すには名前タグが重要なのかもしれない

なまら春友さんという方が執筆された記事なのですが
個人的に結構、思い当たる節があったので、再度見直してみることに。

具体的には、リンク先にも書かれてありますが

・顔として認識されていないのでは?
・プロフィール写真に名前タグを付ける

この2点がポイント。

前者については・・・Google+に顔写真を入力する際に
「解像度が低過ぎます」ってお叱りを受けたんですね。無視しましたけど(爆)

もっとも、トップページURLには表示されていますから、
解像度問題については、一旦後回しにしときます。

後回しばっかりで申し訳ない。

 

Google+の顔写真に「名前タグ」を付けてみる

先ほどの記事を参考に、Google+の顔写真に名前タグを付けてみます。
というわけで、まずはGoogle+のプロフィールページから「写真」を選択。

af0146

 

”あなたの写真はありません”の上にデカデカと表示される「あなたの写真」

af0147

まあそれはともかく。

 

僕の場合、既にプロフィール写真をアップロード済みですので
「プロフィール写真」をクリックします。すると・・・

af0148

これが出てきますよね。
そのまま「顔識別機能を有効にする」をクリック。

 

はい、出てきました。確かに、名前タグが付けられていません。

af0149

顔写真をクリックします。

 

Google+に登録済みなので、変換候補が出てきました。

af0150

 

変換候補をクリックして無事終了。
顔写真の下&画面右上に、名前タグが関連付けされましたね。

af0151

 

Google+の投稿ページでもタグ付けされたとの記述が。

af0152

 

案の定

なまら春友さんの記事にもありますが、数日間は、様子見ですね。

ちなみに、前回の「トップページの著者情報表示」に関して言うならば
2日後の夜に反映されてました。思ってたより早かった。

スポンサードリンク